医療ハイフ(HIFU)の効果は何日後からあらわれる?持続期間はいつまで?

医療ハイフ(HIFU)は近年美容業界で話題になっている施術の一つです。どんな施術なのか、興味を持たれている方も多いでしょう。

そこで今回は医療ハイフ(HIFU)とは何か、その効果は何日後からあらわれどれぐらいの期間続くのか、ご紹介していきます。医療ハイフ(HIFU)の施術を受ける前によく読んで参考にしてみてください。

そもそもハイフ(HIFU)とは?

ハイフ(HIFU)という言葉をよく聞くけれど、新しい美容マッサージ法なのか、もしくは整形手術なのか、気になっている方もいるでしょう。ここで「そもそもハイフ(HIFU)とはなにか」についてご説明します。

ハイフとは

ハイフ(HIFU)とはHigh Intensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)のことを指し、頭文字をとってHIFU、つまりハイフと呼ばれています。

ハイフの治療では、超音波を皮膚の下にある気になる部位の筋肉に当てその部分の細胞を破壊することで、細胞の収縮をうながします。

高密度焦点式超音波の機械を使えば、皮膚の下の深部までピンポイントで熱エネルギーを当てることができます。高密度焦点式超音波の熱刺激により細胞組織が収縮する結果、顔のたるみを改善することができる施術です。

年齢とともに小じわが気になる目の周りやおでこといった真皮の浅い層やたるみやすいあご下、横シワなどで年齢があらわれやすい首などへの治療が可能です。

従来はメスを使った整形手術でしか改善することができなかった筋膜、つまりSMAS層にまで高密度焦点式超音波で熱エネルギーで刺激を与えられるので、表皮を傷つけることなく安全にリフトアップ効果が期待できます。

メスを使った施術では、表面の傷が見えなくなるまでマスクで顔を隠したり、外出を控えたりなどしなければなりませんが、ハイフ(HIFU)であればそういったダウンタイムやリスクがほとんどありません。ダウンタイムが気になる忙しい方にもおすすめの施術です。

ハイフ(HIFU)の効果

ハイフ(HIFU)の治療を受けると、具体定期にどんな効果があるのかまとめてみました。ハイフ(HIFU)で気になる部位の状態を改善して、自分の顔にもっと自信を持ってみたいものです。

  • 顔全体や首およびその周辺のたるみの改善
  • 小顔効果
  • 肌のハリや肌質の改善
  • シワや口周りのほうれい線の改善

ハイフ(HIFU)の施術を受ければ、これまでメイクでカバーしていた気になる箇所も改善できるかもしれません。ありのままの自分の顔にもっと自信を持つことができることでしょう。

ハイフ(HIFU)の効果は何日後からあらわれる?

ハイフ(HIFU)の施術を受けると何日後からその効果を体感できるのか気になる方も多いはずです。ここで効果があらわれる時期や期間についてチェックしてみます。

何日で効果があらわれる?

ハイフの効果を感じられる期間には個人差がありますが、SMAS層に高密度焦点式超音波を照射することによって得られる顔や首などのリフトアップは、施術直後から1ヶ月の間にその効果が実感できるといわれています。

施術後1から3カ月ほどの間は新しいコラーゲンが施術した箇所で生成されているため、その間は肌の弾力も増し、ツヤも保たれます。

ハイフ(HIFU)の施術によってたるみが気になる部分の皮下脂肪を減少させることで、小顔効果も得られます。施術から1カ月ぐらいたつと、次第に小顔効果が実感できるといわれています。

何日で効果があらわれるかは部位ごとに違う

ハイフ(HIFU)の施術をどこに受けるのかによっても、効果があらわれる時期は変わってきます。「せっかく施術を受けたのにすぐに効果が出ない」とがっかりしないためにも、施術を受ける前に効果があらわれる時期や期間について把握しておきましょう。

ほうれい線やシワ、たるみを改善するためにハイフ(HIFU)の施術を受ける方も多くいらっしゃいます。これらの部位の場合、施術を受けて翌日には肌のたるみやハリが改善されたと感じた方もいれば、数日から1カ月ほどしてから改善されたという方もいます。

また、施術を受けた当日や翌日は効果が感じられていたのに、しばらくすると元に戻ってしまうと感じる方もいるようです。

首にハイフ(HIFU)の施術を受けた場合、多くの方が1から2カ月で効果を感じています。つまり施術を受けても当日や翌日には変化が感じられないかもしれませんが、1カ月ほど待つと明らかに違いがわかる方もいます。

二重顎対策として顎下にハイフ(HIFU)の施術を希望する方も多いのですが、こちらも施術後すぐに顎のラインがきれいになったという方もいれば、1カ月ほどして変化したという方もいるようなので、施術後を楽しみにしたいものです。

何日で効果が表れるかは施術を受けた部位や照射の強さによっても変わってきます。また、効果の程度は個人差もあるので留意しておきましょう。

ハイフ(HIFU)の効果は何日間持続するの?

一度ハイフ(HIFU)の施術を受けると何日間持続するのか気になる方も少なくないでしょう。ここで効果が継続される期間についてチェックしてみます。

ハイフ(HIFU)の効果は何日続く?

ハイフ(HIFU)の施術を受けた後、その効果は施術後6カ月から1年は継続するといわれています。継続期間は、施術を受けるクリニックで使用している機械の照射量や施術を受ける方の体質などによっても前後します。外科的整形手術とは違い、永久的に効果が持続するわけではないので要注意です。

ハイフ(HIFU)の効果を持続させる方法は?

ハイフ(HIFU)で受けた照射によって傷つき、壊死した細胞が完全に治癒してしまうと施術で得た効果がなくなってしまうのですが、少しでもその効果を持続させたいと考える方もいるでしょう。

一度の施術でその効果を永遠に継続させる方法はありませんが、細胞が完全に治癒する前に断続的にハイフ(HIFU)の施術を受けることにより、効果をより長く継続させることは可能です。

施術を一度きりで終えるのではなく、何回か繰り返すことにより効果の持続が期待できます。しかし細胞を人為的に破壊することには変わらないので、施術回数が多すぎると健康に悪影響を及ぼす可能性も否めません。

ハイフ(HIFU)の施術を受ける際の注意点

ハイフ(HIFU)は外科的施術ではありませんが、施術を受ける際にはいくつかの注意点があります。注意点についても事前に理解してからハイフ(HIFU)の施術を受けるようにしましょう。

副作用はある?

高密度焦点式超音波の機械を使った施術は、シワやたるみなどいった悩みに大きな効果が期待できるものの、細胞を熱で収縮した後の細胞収縮を利用した治療になります。

そのため施術後に軽度の赤みが出たり、腫れや浮腫みといった副作用が起きる危険性もゼロではありません。念のために備え、大切な予定がある日の前日や数日前などは避けるようにしましょう。

予定がある日の2から3カ月前に施術を済ませておくと、ベストなコンディションで予定日を迎えることができるはずです。

ハイフ(HIFU)は熱を使った施術のため、施術後は肌の乾燥が気になったり、紫外線のダメージを受けやすい状態になったりします。施術後は状態が落ち着くまで肌の保湿や紫外線対策をしっかりと立てるようにしましょう。

医療用ハイフとその他のハイフの違い

クリニックで行っている医療用ハイフ(HIFU)とエステティックサロンで行っているハイフ(HIFU)、家庭用ハイフ(HIFU)ではなにが違うのか疑問に思われる方もいるでしょう。

基本的にハイフ(HIFU)では細胞を熱によって痛めることによって細胞の収縮をうながします。細胞を傷つけるため、本来は医療従事者でなければその機械を扱うことができません。

よってエステティックサロンや家庭で使用できるハイフ(HIFU)の機械は、医師が操作しないため細胞を破壊しないレベルの照射力しかなく、医療用ハイフ(HIFU)で使う機械に比べると照射力が少なく効果が薄いのです。

クリニックの医療用ハイフは医師が解剖学に基づいて施術するので、専門的で安全性や施術効果が高く安心して施術が受けられます。しかしその分費用の方もエステや家庭用ハイフ(HIFU)より高額というデメリットはあります。

1回だけでは効果が薄い

初めてハイフ(HIFU)の施術を受けると、期待していたよりも効果が薄くがっかりする方もいるかもしれません。ハイフ(HIFU)は1回するだけでは効果が薄く、継続して施術を受けることにより、その効果を実感できます。

医療用クリニックでハイフ(HIFU)の施術を受けるときは、複数回受けることが可能なのか、その費用もあわせてチェックしておくと安心です。

ハイフ(HIFU)を受ける前に効果のあらわれ方を理解しておこう


今回はハイフ(HIFU)の効果は何日後にあらわれるのか、その後の継続期間などについてご紹介しましたが、いかがでしたか?ハイフ(HIFU)を受ける前に、施術を受ける部位によって効果のあらわれ方に違いがあるということを理解しておきましょう。

3 件のコメント