医療ハイフ(HIFU)の効果はいつまで持続する?効果を高める方法を解説!

今、女性の間で話題になり注目されているハイフですが、名前は聞いたことがあっても詳しい施術の内容や効果までは知らない方も多いハイフについて詳しくご紹介していきます。ハイフの施術による効果の内容や、効果の継続方法などもご紹介していきますので是非参考にしてみて下さい。

そもそもハイフ(HIFU)とは?

名前は聞いた事があっても、実際に詳しい内容まで知っている方は少ないのではないでしょうか。ハイフの名前の詳細は、高密度焦点式超音波。

英語で「High Intensity Focused Ultrasound」この頭文字から取ってHIFU(ハイフ)と呼ばれています。美容効果を引き出す為の方法で、超音波を狙った箇所に集中的に照射し、対象箇所に熱変性を起こす事が可能です。

メスや注射といった機器を使わずに小顔の治療が出来る事から多くの女性達が注目しており、顔に傷を作る事なくリフトアップ効果が期待出来ます。

ハイフの施術では超音波を当てる回数をショット数といいますが、このショット数が多いほど効果が大きく実感出来るのですが、多すぎると肌への負担も増えて来るので施術担当の方とよく相談して決めて行くと安心です。

ハイフ(HIFU)で得られる効果とは?

ここからはハイフによって得られる嬉しい効果を詳しくご紹介していきます。まずはどの様な効果があるのか具体的に認知し、メリットを理解した上でハイフを受けるか考えてみましょう。

ハイフには顔を傷つけずに美肌を手に入れる効果がありますが、他にも嬉しい効果が期待できます。ハイフで手軽に美しい肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。

効果①シワやたるみの改善

ハイフによって得られる嬉しい効果の一つは、シワやたるみといった肌トラブルの改善です。ハイフには肌を引き締めて、ハリを与える効果があるので、ほうれい線や小皺などに効果的です。

シワが出来てからは可能な限り早い段階でハイフを受けた方が、より効きやすいのでシワ、たるみが気になり出したら早めに施術を受ける事をおすすめします。

また、ハイフを行う箇所によっても効果が変わっていき、目の周りならば笑い皺の改善に、首や顎の下に施術すればたるんだ二重アゴの改善へとつながります。

効果②小顔・リフトアップ

ハイフはピンポイントでSMAS層に熱を伝え、筋膜を縮ませる事によってリフトアップの効果を与えてくれます。

顔全体を引き締めてリフトアップする事で結果的に小顔効果も期待する事が出来、たるんでいた表情を若々しく甦らせるのです。

施術後の1〜3ヶ月程は肌が再生しようと多くのコラーゲンが作られ、ハリ、ツヤといった嬉しい効果が出て綺麗で整った肌へと変わっていきます。

ハイフによるリフトアップは顔全体を引き上げてくれるので、自然で若返ったような肌へと変化する事が出来ます。

施術後すぐに実感する方もいれば数日経ってから顔のラインが変わったと感じる方も。効果を実感するまでは個人差があり、最大限に効果が発揮されるのは1ヶ月ほど経ってからです。

効果③美肌

コラーゲンの活性化だけでなく、芽細胞と呼ばれるコラーゲンを増生する細胞を増やしてくれるのでハリのあるモチモチ肌へと変えてくれます

ハイフを続けなくとも、活性化されたコラーゲンはしばらくの間維持されるので若々しい肌を実感出来るでしょう。

更に嬉しい効果で、ハイフを施術した後は血行促進によって新陳代謝が促され血流が良くなるので、肌質改善に大きく役立ち健康的で若々しい肌が蘇ってきます。

施術から1ヶ月程から肌の変化に気がつく方が多く、施術を続けていなくとも一定期間効果が継続されることから、コスト的にも嬉しいポイントです。

ハイフ(HIFU)の効果はいつからいつまで持続する?

いざハイフを受ける時に効果がいつ頃から現れて、いつまで続くのか知らないと不安になってしまいます。施術を受ける前に一度チェックしておくと安心してハイフに挑む事が可能です。

ハイフを施術してもらい効果が薄いなど感じる場合は、自分の肌に合っていない可能性があるのでまずは担当者の方とよく相談することがとても大切で重要になってきます。

効果はいつからあらわれる?

ハイフを受けたからといってすぐさま効果が現れる訳ではありません。一般的には施術後1ヶ月から3ヶ月の間に効果が出始めるとされています

しかし個人差があり、肌の体質や施術時のショット数などによっても効果が現れる時期は変わり、ばらつきが出て来るでしょう。ハイフの効果が薄いと感じる方は、ショット数が少なかった可能性があります。

ショット数を少なくし、肌への負担を減らしながらハイフを行う場合は継続して施術を受ける事によって効果を実感していけるでしょう。逆に早く効果を出す為にショット数を増やす事も可能です。

その際には肌への負担も増えてしまうので、担当の施術者の方とよく相談して決めていくと安心してハイフを受けられます。

予定がある場合はいつまでに施術を受けるべき?

ハイフの施術後はダウンタイムやリスクが無く、腫れなどに心配する必要はほぼありません。ただし、稀に次の日などにむくみが出てしまう方もいらっしゃるので、予定を入れる際には1週間程余裕を持たせておくと安心です。

大事な予定や記念日などに万が一むくんでしまうと、せっかくの思い出の日が台無しになってしまうので予定には余裕を持って計画を立てることをお勧めします。

ショット数が強かった場合などに副反応が出やすい傾向がありますが、回復するので大丈夫ですが、1週間以上経っても腫れやむくみが引かない場合には早めに病院に相談しましょう。

効果はいつまで持続する?

結論から言うと、効果は永久的ではありません。個人差もありますが、ハイフによって起こっていた細胞壊死が治癒し終わる半年程が効果が切れてくる目安になってきます。

常に綺麗な肌を維持する為には継続的な施術が必要になってしまいますが、どうしてもこの日には綺麗な肌でいたいという日の為にハイフを受けるのはとてもおすすめの方法です。

例えば何十年ぶりの同窓会のお誘いがあり、綺麗な姿で出席したいという時などはハイフがぴったりの方法になります。大事な日の2、3ヶ月前にハイフを施術しておけば最高の肌質で出席することが可能です。効果に限りがあるからこそ上手く活用し、最大限に美しい自分を手に入れましょう。

ハイフ(HIFU)の効果をいつまでも持続させる方法は?

せっかく施術を受けるならば出来るだけ長く効果を感じていたいです。実際にハイフの効果を持続させる効果的な方法をいくつかご紹介していきます。自分の肌に合った方法を見つけていきましょう。

医療ハイフ(HIFU)を選択する

長い期間ハイフの効果を実感したい方には、医療ハイフがおすすめの方法です。医療ハイフは1回の施術でのリフトアップ効果が高く、効果を実感しやすい特徴があります。

更に長期的に効果を維持したい方は、ハイフの効果が切れる3ヶ月または、4ヶ月のタイミングで継続してハイフの施術を受けるようにする事で若々しく、美しい肌を維持する事が可能です。

自分に合った施術を受ける

無理に強いショット数を希望して施術してしまうと逆効果になる可能性もあります。ハイフの施術は肌の体質や状態でショット数を変えたり、個人で変わってくるので自分に合った適切な施術が大切になってきます。

自分の希望も伝えつつ、美容の専門家である施術者の意見もよく聞き、適切なショット数、施術頻度でハイフを上手に活用するように心がけましょう。

こまめに水分補給する

脂肪細胞をハイフによって破壊し、その脂肪細胞を白血球が運んでくれています。その白血球の働きをよくする為に水分補給は大事で、排出を円滑に行う為に必要です。

美容にとっても体にとっても水分はとても大事ですので、毎日の水分補給は面倒でも続けていくことをおすすめします。

ただ水分を大量に飲むのでは効果が薄く、こまめに補給する事で効果を発揮してくれ、排出する効率を上げてくれるので意識して実践していきましょう。

ハイフ(HIFU)の効果はいつまでもは続かない

どの医療行為でもいえますが、永久的な効果は続きません。ですが、定期的に継続して行くことで効果を持続させ美しい肌を手に入れる事は可能です。

ただ、多く施術を受ければいい訳ではないので、担当してくださる施術者の方とよく相談し自分に合った強さと頻度を意識していきましょう。

頻繁に施術を受けるのが厳しい方でも、綺麗な自分をみせたい大事な日に合わせてハイフを施術するなど調整して受けるとコストも抑えられ、無駄なく活用出来ます。無理な使用はせず、上手にハイフを使いこなし、ハリとツヤのある美しい肌を実現してください。